常時使用するもので効果を上げる販促品

手に入れたら常時使用するものを販促品として利用することはよくあります。効果を上げるためには工夫が必要になるため、特性をよく理解してデザインを行わなければなりません。忘れてはならない点は何なのでしょうか。

常時使用するものの特性

販促品として常時使用するものを選んだ場合にはいつも目に入れてもらえるのが最大のメリットです。たとえ意識的に広告部分を見ていなかったとしてもサブリミナル効果によって脳裏に浮かぶようになるため、ただ使ってもらえるだけで販促効果を得ることができます。二つの類似商品で迷ったときに、全く聞いたこともないメーカーよりは名前やロゴに親しみのあるメーカーを選ぶという判断はよく行われるものであり、消費者の商品選択の時点で有利にはたらきます。販促品として使用した物品の通常の使用目的に合わせて使用の妨げにならない範囲で大きく社命やロゴマークなどを付けておくと目に入りやすくなって販促効果が高まると期待できるでしょう。

使ってもらえることが前提

常時使用するものを販促品として選んだ場合には使ってもらえることを前提にしなければなりません。もし他に気に入って使う類似品がある場合には捨てられてしまう可能性もあるでしょう。よく販促品として用いられているカレンダーは代表例であり、数あるカレンダーの中から選んで使用してもらわなければなりません。壁掛けのカレンダーが通常だったのが卓上カレンダーも使用されるようになり、さらにはポケットサイズのものなども登場しています。記載されている内容もスペースの取り方も違いがあるため、仕様をうまく消費者のニーズに合わせて選んでもらえるようにデザインすることが重要です。それが達成できて初めて販促品としての機能を示してくれます。

ニッチを埋めるアイテムの選定

販促品としてニッチを埋めるアイテムを選定するのは効果的です。常時使用してもらえるもので、あまり普及はしていないけれど手元にあったら使うというものを見出だせれば効果的な販促品となります。多くの家庭において手に入ればずっと使うものとして防犯グッズやポスター、料理や掃除などの家事に使用できるアイディアアイテムなどが挙げられるでしょう。気に入って使ってもらえるかは大きな問題になるという点では他のものを使うのと同じですが、他であまり手に入らないものであれば優先して使ってもらえる可能性があります。斬新さを重視して選ぶと販促効果を高められるため、一般的な消費者のニーズをよく理解して販促品も選ぶ必要があるのです。